2012年10月22〜24日                




渋温泉
長野県下高井郡山ノ内町
夜間瀬川支流の横湯川沿いに温泉街が広がり、
横湯川沿いの大型宿泊施設のほか、石畳の道に
木造建築の旅館が並び、また外湯巡りが有名です。




渋温泉の旅館は35軒
私たちの泊まりは「金具屋」です。

名前の由来は、宿屋になる前は
松代藩出入の鍛冶屋だったとか




「一度は泊まってみたい宿」
のベストテンに入る渋温泉の
金具屋旅館
入り口から驚かされます。
旅館の玄関というより、城…天守閣の形相です。
そして、建物は国の有形文化財。
汚したり傷めたりしたら大変です

フロントは和式で古色蒼然・・・トイレは洋式でしようネ          0







先ずは、客室へ
渋温泉の金具屋はわずか29室の温泉宿です。
29室ある客室は、画一的でなく、すべて作りが違うそうです。

わたくしが通されたのは「305杏林」の間。なんでも館内の中で
唯一、木製のお風呂がついているお部屋で、2階でありながら
ちょっとした庭の付いている部屋も、ここ「305杏林」だけらしい


金具屋さんのHPをご覧下さい
凄く立派なホームページです。





ページを改めますお進み下さい